〒866-0898 熊本県八代市古閑中町2438-10
TEL:0965-33-6537

八代市の矯正歯科 歯科 歯医者 いまさき歯科医院

一般歯科・歯周病・小児歯科・予防歯科

求人案内 よくある質問 リンク集
Mobile Site
HOME»  一般歯科・歯周病・小児歯科・予防歯科

一般歯科

むし歯の原因は歯垢(プラーク)の中に居る、ミュータンス菌などの細菌です。
ですから、歯垢が100%除去されていれば、むし歯には絶対なりません。
しかし、それは不可能な事です。
また、歯垢を除去するには、特殊な薬を付ければ化学的にとれてしまうというような物はありません。
機械的に除去するしかないのです。

その方法として、重要な役割を果たすのが毎日のブラッシング(歯ミガキ)です。
しかし、いくら頑張って歯ミガキをしても、100%歯垢をとる事はできません。
必ず残っています。
しかも残っている場所は磨けない場所ですから、同じ場所に歯垢がずっと残りっぱなしになっている訳です。
原因が残りっぱなしになっていれば、結果として時期が来ると病気が発生、つまり、むし歯になるのは当然の事と言えます。

自分で行う歯ミガキだけでは、むし歯を予防する事は不可能ですが、
歯医者さんと協力してメンテナンス(管理)を実施していけば、むし歯を防ぐ事は可能です。
むし歯ができるのは単一の原因ではなく、口の中の細菌、糖類の摂取、歯の質や唾液の性質が複雑にからみ合って発生します。
しかし、直接むし歯を起こすのは歯垢(プラーク)の中の細菌です。

歯垢(プラーク)という言葉はみなさんも聞いた事があると思いますが、何となく、食べカス、磨き残しといったイメージではないのでしょうか? そうではなく、歯垢とは、口の中のあらゆる細菌が、歯の表面に集団を作って棲みついている状態。 細菌の巣というか、イメージとしては細菌たちが歯の表面にテントを張って、自分たちの住み易い環境を作り、そこに居座ってどんどん繁殖していくという感じです。

むし歯は、最初の段階では痛みなどの自覚症状もなく、見た目もわかりづらいため発見が遅くなります。
気をつけなくてはいけないのは、
冷たいものがしみる
食べ物がはさまりやすくなってきた
などといった、なんとなく自覚症状が出てきた時点から、急速にむし歯が進行してしまうという点です。
気のせいかな”と放置せず、お早めにご来院していただき、安心をお持ち帰り下さい。

歯周病

歯を失う原因の第一位は歯周病です。
歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行していき、歯ぐきの炎症を起こし歯の周りの骨を溶かし、やがては歯が抜けてしまう怖い病気です。
最近では心臓病、糖尿病との関連が問題視されています。
歯周病は数種類の細菌が関与した細菌感染症で、プラーク(歯垢)が溜まることで、歯周病の進行を招きます。
細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成します。
数種類の細菌の集団が集まってコロニーを形成しており、バイオフィルムは強力なバリヤーになっているので、薬も効果がありません。
いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きでは除去出来ません。

歯周病でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

小児歯科

小児歯科とは子供のむし歯予防、むし歯治療、歯並びの治療、そして歯周病の予防と治療などを行うところです。
むし歯を放置することは、味覚形成や顎の成長などに影響を及ぼします。
当院では、将来の歯並びなどに不安をお持ちの保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。

子供は歯科治療に対して何らかの不安や恐れをもっています。
当院では、歯科治療を受ける子供達の歯科に対する不安について充分に理解することから治療をスタートさせ、子どもの心配を取り除き、リラックスして治療が受けられるように指導し、生涯を通じて歯科治療に対して悪いイメージが形成されないように注意します。

お子さんのための痛くない治療(レーザー鈍磨作用)

当院では、最新のレーザー治療を導入しています。
そのため、弱いレーザーを当てることで起こる「鈍磨作用(感覚を鈍くさせること)」で「痛くない治療」に応用しております。

●子どもの歯科治療にレーザーを使用します。
歯質の強化や再発防止、さらに「鈍磨作用」で痛くない治療を実践しています。
初期むし歯では、レーザーで黒い点を蒸散させ、同時に瞬間的な高温で歯質を強化させます。
歯医者が苦手なお子さんの虫歯や歯周病治療に痛くない治療を提供できる最新レーザーの効果です。

保険適用外治療:4,320円(税込)

予防をはじめませんか?

歯科医師であればみな、あなたの大切な歯を削りたくないと思っています。
ではなぜ日々歯を削っているのでしょうか?
それは、歯にむし歯ができて、仕方なく削らなければいけなくなっているのです。
歯科医師があなたの歯を削らないようにするには、むし歯を作らないようにしなければなりません。
そのためには「予防」が必要です。当院では「予防歯科」に大きなウェイトを置いており、
皆様の大切な歯をむし歯・歯周病から守るために、定期的なメンテナンスやホームケアの重要性をお伝えしております。

治療の流れ

歯周病とは

典型的な重度歯周炎の状態は、歯肉は赤くブヨブヨしていて押すと膿(うみ)がでてきます。歯はグラグラしており歯並びも乱れています。

このまま放っておくと次々に歯が脱落してくるでしょう。このような歯周病の歯は昔はほとんど抜歯されていました。しかしながら歯周病の治療の発達により現在ではかなりのところまで治せるようになってきています。治療は歯周病の進行具合によって変わります。

当院で行う歯周病の治療

レーザー治療の効果
歯周病の歯ぐきにレーザー治療をすることにより、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。
歯と歯ぐきの間にレーザーを照射する事で、歯周病菌を無くし、歯ぐきの消毒、歯ぐきからの排膿を促し、健康な引き締まった歯ぐきを再生します。
レーザー治療について詳しくはこちら>>

歯周病治療の流れ

1.ブラッシング指導
現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。 ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。
2.スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。

一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。
外科治療
きちんとしたプラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療が行われます。
フラップオペレーション
歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。
このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

歯周病は痛みが無い為に発見しづらいものです。

最低でも半年に1回は定期的にチェックを受け、進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院され安定した歯ぐきの状態を管理していくことが大切です。

PAGE TOP