〒866-0898 熊本県八代市古閑中町2438-10
TEL:0965-33-6537

八代市の矯正歯科 歯科 歯医者 いまさき歯科医院

レーザー治療

求人案内 よくある質問 リンク集
Mobile Site
HOME»  レーザー治療

レーザー治療について

痛み、音、振動、臭い・・・歯の治療から連想される嫌なイメージの原因のひとつは、治療の際の不快感にあります。

歯を削る際の痛みはもちろん、削る音や振動も人間にとってのストレスです。
当院では、治安全・快適・効率的な「最小侵襲」の歯科治療を実現するために、レーザー治療を導入しております。

レーザー治療は、エネルギー波を効果的に利用しつつ、熱による生体組織へのダメージを減らし、 人体に対する安全性が立証されており、ペースメーカー使用している患者さんや、妊婦さんなども安心して治療を受けていただくことができます。

また、メリットとして無麻酔、もしくは麻酔の使用量が少なくて済む場合もあります。
保険的用外になる治療もございますが、通常神経を抜かなければならないような歯でも、
神経を残したまま、ご自身の歯を守ることができます。

 

レーザー治療の効果

神経保存治療※保険適用外の治療になります。
「歯髄を守る」、「歯の神経を残す」理由としては、歯髄の有無が歯の寿命に大きくかかわるからです。
当院では、光と水の最新レーザー治療を行っています。 抜髄処置(根管治療)を回避できることにより、歯の削る量を最小限に抑えることができます。 通常であれば神経を取るケースでも神経を残せる可能性があります。 神経の保存により、歯の主要な喪失原因である失活歯の歯根破折や根尖病巣を回避し、歯の寿命を延ばせる可能性があります。
歯周病(歯槽膿漏)の治療
歯周病の歯ぐきにレーザー治療をすることにより、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。
歯と歯ぐきの間にレーザーを照射する事で、歯周病菌を無くし、歯ぐきの消毒、歯ぐきからの排膿を促し、健康な引き締まった歯ぐきを再生します。
むし歯の治療※保険適用外の治療になることもあります。
レーザー治療をすることにより、むし歯を治療した後、目に見えない細菌をより確実に殺菌する事ができます。
知覚過敏症
冷たいものが歯にしみるような知覚過敏症の場合も、レーザー治療をすることにより歯の神経を鎮静することができます。
止血効果
歯を抜いたり外科的処置の後、レーザー治療をすることにより止血効果、および局所の消毒を瞬時に行えます。
口内炎・口角炎の治療
口内炎の粘膜上皮を痂皮化し、痛みの軽減・早期治療ができます。
審美歯科への応用(メラニン色素除去)※保険適用外の治療になります。
歯ぐきにメラニン色素が沈着し黒ずんでいるような場合、レーザーにて上皮を蒸散することで新しい上皮を再生し、きれいなピンク色の歯肉にする事ができます。

レーザー治療 Q&A

レーザー治療は痛くありませんか?
「全く痛くないと」いうわけではありません。
レーザー治療は、ほんの一瞬照射されるだけなので、痛みを感じる事なく「むし歯菌」や「歯周病菌」を一瞬にしてやっつけてしまいます。
勿論、患者さんの症状や感覚によっても違ってきますが、ほとんどの患者さんは「痛くなかった」と言われます。
もし痛い時は、遠慮なく歯科医師に言って下さい。
レーザー治療には副作用はないのですか?
電気メスは身体に電気を通しますが、レーザーは身体に電気を通しません。
ですから、心臓に持病のある方やペースメーカーを使用されている方、高血圧の方、妊娠中の方でも安心してレーザー治療を受けることができます。
レーザー光線を歯や歯肉に照射すること自体には、副作用はありません。
しかしながら、光過敏症や光アレルギーの方は適応外となります。
まずは歯科医師と相談することが大切です。
放射線(X線)のような有害性はないのですか?
放射線とは全く違う光なので心配いりません。
レーザーを繰り返し使うことで、身体に有害な影響がでることはありません。
また、レーザー光は「光ファイバー」というとても細い導光ファイバー(200ミクロン~600ミクロン)を通って患部に照射されます。
ですから、正常な部位に影響のでないよう治療することができるのです。
PAGE TOP